2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

  • 励みになりますので、よろしければクリックして下さい。
  • とてもよかった場合にはこちらもお願いします!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ

04 岐阜 Gifu

2012年6月 5日 (火)

花フェスタ記念公園 暖色系のバラ

Dsc08463(2012/05/30 撮影)
寒色系のバラ
の次は暖色系のバラです

今年の暖色系のバラはずばり

Dsc08370アンネ・フランクのバラ です
『アンネの日記』を読んだ人が平和を願ってアンネの名前をつけたそうです。

これよりもずっときれいなバラの写真が実家にあります。『アンネの日記』は高校生の時に使用した教科書(しかもペーパーバックの洋書)でした。 毎年、ペーパーバックの教科書を使い1週当たり、数十ページ読んで、配布されたプリントの質問を英語で答えるという宿題が出されていました。

英語の入試の成績がコースで一番下の成績だった私(信じられないことに先生に言われた!)が1年生で洋書のペーパーバックを読めるわけもなく、ずるをして、2年生までは和訳された単行本を買って読み比べして、質問に答えていました。(それでも今の子よりましかも?)和訳なしで、自分の力で読んだ最初のペーパーバックが『アンネの日記』でした。ちゃんと最後まで読み切ったという自信がちょっとついた思い出の本です。 

アンネ・フランクの父のオットーと親交があった日本人が教室に講演に来てくれました。アンネや登場人物について話してくれたのですがはあまりに生々しく、印象に残りました。家族を失ったオットーが再婚して、平穏な人生を送ったと聞いて、少しほっとしたことを覚えています。

講演の最後に、オットー・フランクの肉声(たぶん英語だった)を録音したものを聞いた時、事実の重み、平和のありがたさを感じたことを覚えています。最後に講演してくれた人がアンネのバラの写真を私たち全員に配ってくれました。

このバラを見たとき、あの時のどし~んとした重みを思い出しました。私は戦争を知らない世代ですから、空気を平和を当たり前に存在するものだと考えがちです。 地震のように天災でもない、人災で大勢の命が短期間で奪われることの恐ろしさを忘れてはいけないな~と改めて思いました。人の気持ちを推し量るだけでなく、世界を知るのは本当に大切だと思います。本当は英語はそのツールなんですよね~

Dsc08435

桜霞という日本のバラ 小ぶりですが、まとまって咲くためブーケみたいになります。

Dsc08460(ソニア つる)
Dsc08457
(マリア・カラス) 名前にふさわしい華やかな花です 

Dsc08421
( ダイヤモンド ジュビリー )アメリカのバラは一般的に一回り大きく感じます

Dsc08433
(スィート・ジュリエット )まだ初々しい子供らしさも残ったような色合いですね。イメージにぴったり

Dsc08336(バロン・エドモンド・ドゥ・ロスチャイルド) ロスチャイルド家の人の名からとったのかな  名前だけ見れば男の人のバラですね

Dsc08353セプタード・アイル イギリスのバラ 個人的にはイギリスと日本のバラが好きです

Dsc08416(トーナメント・オブ・ローゼズ) アメリカのバラ

Dsc08429リリアン・オースチン イギリスのバラ

Dsc08351去年と反対ルートで今年は周りました。去年はこのころは疲れていて階段をあがる元気もなかったので、今年は元気があるうちにのぼってみました。

Dsc08329_2

Dsc08328_3おまけで白バラ

今年は駐車場に入れなくて、臨時駐車場にとめなければいけませんでしたが、去年ほど暑くありませんでした

全体は去年↓のほうがよく撮れています

花フェスタ記念公園①          花フェスタ記念公園②

花フェスタ記念公園③          花フェスタ記念公園④

花フェスタ記念公園⑤          花フェスタ記念公園⑥

花フェスタ記念公園⑦          花フェスタ記念公園⑧

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2012年6月 2日 (土)

花フェスタ記念公園のバラ  青系のバラ

今週は、BSでずっとピーラーラビット特集がやっていましたね。初日だけ録画するのを忘れてしまい逃してしまいましたweep今週はドタバタしていたので、今、ブログを書きながら今、火曜日分を見ています。 6月3日に逃した分を再放送するので今度こそ忘れないぞ~

ピーラーラビットのアニメを楽しみながら 湖水地方の景色を見て、幸せな気持ちになりもう一度行きたくなりました。それにしてもピーラーラビットはやっぱりかわいいheart02

Dsc08331(ジョゼフィーヌのバラで) (05/30/2012 撮影)

今年も、岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園に行ってきました。今年は遅い出発だったため、着いたころにはもう人・人・人!でした。去年よりちょっと早かったせいか、去年は枯れかけだった花が満開で、去年は満開だったバラはまだ咲いていませんでした。

Dsc08379_2シャルル・ド・ゴールつる 

去年は青系統のバラは枯れかけていましたが、今年は満開のバラが多かったです

Dsc08377(ターンブルー) 真ん中のから外側に向かって色が薄くなってきています。洋服みたい

Dsc08391(メロディパフューム)

Dsc08393_2(ミスティーパープル)

Dsc08406(ブルー) ブルーというより紫 というか、ロマンの欠片もない名前ですが、香は強く、一番好きな香りでした。

Dsc08385(ブルーバード)幸せを運んでくれるかな?

Dsc08493
(しのぶれど)名前もつつしみ深いバラです

花フェスタ記念公園の雰囲気は去年のほうが出ていると思います。よければ見てください

花フェスタ記念公園①          花フェスタ記念公園②

花フェスタ記念公園③          花フェスタ記念公園④

花フェスタ記念公園⑤          花フェスタ記念公園⑥

花フェスタ記念公園⑦          花フェスタ記念公園⑧

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2012年6月 1日 (金)

日本でも有数のパワースポット 日本版ストーンヘンジ

下呂市には金山巨石群と呼ばれる環状列石があり、縄文時代の遺跡があるそうです。有数のパワースポットになっているそうです 

Dsc08561
「岩屋岩蔭遺跡巨石群」、「線刻石のある巨石群」、「東の山巨石群」の3つを含めて金山巨石群というそうですが、「東の山巨石群」は少し離れたところにあるので、前者2つだけ行きました。

Dsc08563ニホンザルが道路にを自由に往来する狭い山道を走ること1時間(サルは賢いからすぐ逃げてくれる)ようやく到着しました。どこに停めていいのかわからないので、とりあえず、他の車の近くに路駐。山奥なので観光客は私たちを含め3組のみでした。現在は妙見神社として祀られています

Dsc08566岩屋岩蔭遺跡巨石群


明らかに人工的に配置された(とはいっても私の目には動かしたというより、ちょっと移動させたり、削ったように見える)と考えられるたくさんの岩があり、春分・秋分の日、夏至の日、冬至の日など、特定の日に岩のすきまから太陽の光が差しこむことがわかっているようです。

古代人が暦を知るために太陽光を観測したとされ日本の時計の原点ともいえる遺跡だそうです (ストーンヘンジもそうだと言われていますね)

Dsc08582この巨石は予想より大きかったです。写真の中の人と比べても一目瞭然

Dsc08573春分の人秋分の日には、この巨石の隙間から太陽光が差し込むのだとか。農作業に欠かせない暦の目安にしたんでしょうね。

Dsc08584_2

線刻石のある巨石群

もう1つの巨石群は道路沿いにあり、岩屋岩蔭遺跡巨石群の目と鼻の先にあります くじらみたいですね

Dsc08587
線刻石のある巨石群 

岩屋岩蔭遺跡巨石群は祭壇になっていましたが、こちらは自由に出入りできます

Dsc08585
おや、通りぬけができますよ?怖いので私は回り道をして反対側の出口に向かいます

Dsc08595(穴の反対側)
春分の日と秋分の日にどう太陽が差し込むか、これを見ればわかりますね

Dsc08600

Dsc08602_2

ここからも特定の日は光が差し込むようです

Dsc08604神秘的な感じがしますね

パワースポットと言われてもよく分かりませんが、人がいないせいか、巨石のパワーなのか、現代の生活を忘れさせる空間でした。

興味のある方はこちらをどうぞ→金山巨石群

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2012年5月30日 (水)

下呂の観光 何気にすごい 禅昌寺

下呂温泉から車で5分ほど行くと、中呂に入り、禅昌寺というお寺に着きます。平安時代に造られた臨済宗妙心寺派の禅寺ですが、何気なくすごいです。歴史を感じられるこのお寺、きっと京都にあれば混雑していたと思いますが、私たちが行った時は観光客はいませんでした

Dsc08515指定文化財は国指定1件を含め、51件もあります。
禅昌寺の前身の圓通寺は恵心僧都源信が開いた寺と言われているそうです

源信って…往生要集を脱稿した比叡山の僧侶だって歴史で習った人ですよね!? 浄土真宗の親鸞が書いたのではないと何度も覚えた気がします

Dsc08518山門の前のお堀(?) カキツバタがきれいみたいですよ

Dsc08533庭園「萬歳洞(ばんざいどう)」

茶道宋和流の祖である金森宗和 (1584-1656)の作です。飛騨高山城主の長男だったみたいですね。時期的には小川遠州と近いのかな。大徳寺真珠庵の茶室庭玉軒,金閣寺の茶亭夕佳亭もこの人作みたいですよ 

小さいながらも迫力あります

Dsc08529巨石を配して山に見立て、その間をぬって流れる水が心字池へと流れていっているのは禅宗らしい趣とか 水がちょろちょろと流れおちる様子は神秘的です

Dsc08528
上を見てもっとびっくり 本当の山が迫ってきています でも杉の季節には来たくありません

Dsc08520何気にすごいと思った理由①

雪舟の弘法大師の絵がぽんと飾ってある。なんとなく似ているな~と思ったけど、本当に雪舟だと思いませんでした パンフレットによると「八方にらみ達磨」と呼ばれる雪舟の作品の中でも一級の作品だとか

Dsc08547何気にすごいなと思った理由②

樹齢1300年ほど(と和尚さんが言っていたけど、パンフレットには1200年 と書かれている)の杉の木がある(国指定) 高さ45m周囲は12m

奈良時代(あるいは平安時代)からあるってことですよね?? 雷も落ちずによく生き残っているものです でか~い

Dsc08543
御堂と比べてもその高さは一目瞭然

Dsc08516何気にすごいと思った理由③

このお寺ではないけど、目と鼻の先に縄文時代のストーンサークルが発見されている マニアではないのでよく分からないけど、本当に環状列石の形になっているようです 日本にもあったんですね~

Dsc08551
何気にすごいと思った理由 ④ 勅使門まであります

Dsc08544境内の中 左側が本堂 右に鐘楼

Dsc08550境内から杉のところまで歩けます

Dsc08536
上の渡り廊下の中

Dsc08535本堂

入場料は300円でした

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2012年5月29日 (火)

久しぶりに下呂温泉に行ってきました。 さるぼぼ神社

週末に、下呂温泉に行ってきました。今回はバラを見てから下呂に行き、帰りは金山巨石群とアウトレットに寄って帰ったために、高速代がえらくやすかったです。温泉プランもカジュアルに、夕食&朝食つきで6500円という格安でした

Dsc08498さるぼぼ神社 

飛騨土産といえば「さるぼぼ」。「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」という意味で「禍が去る」という意味などを込めたお守りだそうです

Dsc08501お店の間にちょこんと祠があります

さるぼぼがあふれんばかりに置いてありました

Dsc08504_2
境内なんと、足湯がありました。2010年にできた新しい足湯は「黄金さるぼぼ足湯」というそうです。下呂温泉にはあちこちに足湯があるのですが、実は一度も入ったことはありません。そんなことをするぐらいならホテルの温泉でゆっくりしたい。

Dsc08495すぐ近くには下呂温泉神社もあります

Dsc08513ビルの1階にあるので、埋もれています。 こんなご神体の上にビルなんか建てていいのかな

Dsc08496_2

Dsc08505脇からは温泉がわき出ています。もちろん熱いお湯

今回、一番ショックだったのが、「露天風呂」にごきぶりが浴槽に落ちていたこと。夜入った時にはよく見えなかったのですが、朝風呂に行った時に、前日に見た塊がごきぶりの死骸であることを発見。

「うぎゃ、ごきぶり!」

と思わず立ち上がってしまいました。露天風呂にいた人たちもぎょっとしたらしく、注目を浴びてしまいました。悪いことしたな~と思いつつ、少し話してさっさと上がったのですがそのあと、みな逃げるように露天風呂から出ていました。

夜は仕方がないにしても、12時から6時までは入浴禁止になっているんだから、朝6時前にチェックしてほしかったなとちょっと思いました。

Dsc08503

下呂温泉と一口に行っても、場所や季節によっても成分が微妙に違うようです。湯之島館のお湯は美人の湯の成分が強いのですが、私が宿泊したところはちょっとマイルドです(それでも十分) 

やっぱり温泉はいいですね。足を延ばして座れるのがいいです。また行きたいな

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2011年10月 5日 (水)

世界一大きなバラ園 花フェスタ記念公園のバラ⑩

10回目の今日が最終回です。

ジョゼフィーヌのバラ園にやってきました。 フランスのボナパルト・ナポレオンの奥さんのジョゼフィーヌ妃はバラの歴史でも際立つ役割をしたとか。ダマスクローズの園芸種ができたことで、バラの園芸の発展に貢献したようです。庭には彼女が集めたバラが植えられています。
The first wife of Napoleon Bonaparte( the French emperor ),Joséphine de Beauharnais loved roses so much. Her love for roses ( and money she spent on roses) contributed greatly to the development of roses. by developing garden species of Damask roses for the first time in the history of roses.

Dsc04446

Dsc04447

Dsc04445

最後は世界の王族の名前を冠したバラを集めたロイヤルガーデンに向かいました。
The last place we visited was Royal Garden, where roses with names of royal families on them were planted.

Dsc04413

Dsc04423 ロイヤル ウィリアム Royal WilliamDsc04425

Dsc04427 プリンセス オブ ウェールズ Princess of Wales
故ダイアナ妃のバラでしょうか。それとも歴代の皇太子妃のバラでしょうか。

Dsc04417

350年ぶりに一般家庭から妃を迎えるという慣例ではなく愛をとったウィリアム王子の花は情熱の赤。

プリンセス マーガレット オブ イングランド Princess Margaret of England
エリザベス女王の妹のマーガレット王女のことでしょうか。

Dsc04415

マサコ Masako
 雅子妃殿下のばら

Dsc04422

プリンセス アイコ Princess Aiko
愛子様の花は愛らしい。

Dsc04420

ハーマジェスティ Her Majesty  女王のバラは端正な印象。

とにかく園内は広くあっという間に時間は過ぎていきます。バリアフリーになっていたので、老人ホームのバスが数台来ていました。いいサービスだなあと思いながら見ていました。

Img1 (園内の地図) map

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2011年10月 4日 (火)

世界一大きなばら園 花フェスタ記念公園のばら⑨

昨日に引き続き、花フェスタ記念公園のバラをアップします。

花フェスタ記念公園①          花フェスタ記念公園②

花フェスタ記念公園③          花フェスタ記念公園④

花フェスタ記念公園⑤          花フェスタ記念公園⑥

花フェスタ記念公園⑦          花フェスタ記念公園⑧

フレンドシップガーデン(英国王立バラ協会友好庭園)までやってきました。

Dsc04396 いかにも「イギリス」という感じです。 上の展望台デッキが、少し残念。
This garden was really British, wasn'tit?

Dsc04435 反対側から a picture taken from the opposite side

Dsc04408 壁にはピンクのバラ。 pink roses on the wall

Dsc04409

Dsc04398 私は淡いやわらかいピンク色のバラが素敵だと思いましたが、だんなさんは濃い色のほうが好きだったみたいです。 
I liked yellow-tinged warm-color pink roses but my husband liked vivid pink roses.

Dsc04442

Dsc04441ホワイトローズガーデンは白いバラが満開でした。これだけ白いバラがあると、1輪は清楚でも、華やかな感じがします。甘い香りが漂っていました。 
White roses in 'white rose garden' were in full blossom.  One white rose gives us an clean and neat impression. When I saw a bunch of white roses planted densely, they look so glomorous. I could also smell sweet scent.

明日はいよいよ最終回です。

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2011年10月 3日 (月)

世界一大きなバラ園 花フェスタ記念公園のばら⑧

昨日に引き続き、花フェスタ記念公園のバラをアップします。

花フェスタ記念公園①          花フェスタ記念公園②

花フェスタ記念公園③          花フェスタ記念公園④

花フェスタ記念公園⑤          花フェスタ記念公園⑥

花フェスタ記念公園⑦ 

フォーマルガーデンまでやってきました。

こちらのフォーマルガーデンは幾何学的な模様とバラのアーケードのようになっていました。モダンなお庭でありながら伝統的な感じを受けるのはバラのせいでしょうか。
Formal garden was, as its name says, had formal design.  Yet, I had an impression that the garden was still traditional.  It is probably because of the nature of roses.

Dsc04375

Dsc04364 アーケードの中のバラ   arcture with roses

Dsc04372

Dsc04379

Dsc04369 全体はこんな感じ。世界のバラ園は数に圧倒されたけど、こっちは洗練された感じです。
The entire picture was like this.  I was overwhelmed by the number of roses in the 'world's roses' garden while I was impressed by the sophisticated design of this garden.

あと少しバラの世界におつきあいください。

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2011年10月 1日 (土)

(世界一のバラ園)花フェスタ記念公園のバラ⑥ the largest rose garden in the world 

昨日に引き続き、花フェスタ記念公園のバラをアップします。

花フェスタ記念公園①          花フェスタ記念公園②

花フェスタ記念公園③          花フェスタ記念公園④

花フェスタ記念公園⑤

Dsc04306せっかくですから東ゲートのほうを回って次のテーマ園に行くことにしました。
We decided to take roundabout routes to go to the next theme park

Dsc04302 坂道になっています。 We had to go up some slopes to the Esat Gate.

Dsc04304

Dsc04311 公園と公園の間にもバラは咲いています。ポピーも満開でした。
You can see some roses between each park.

Dsc04308名前がすきだったのがこのバラ。フラメンコというらしいです。確かにフラメンコの衣装を思い出します。
I liked the name of this rose, flamenco.  This shape reminds me of a red dress of a flamenco dancer.

Dsc04318

大きく見えますが、実際は足元に咲く小さな「プリンセスローズ」
Though they look quite big, the roses called 'Princess Rose' are actually very small, as high as my knees. 

Dsc04321

土手には野薔薇が咲いています。小さいながらも存在感がある色合いですが、とても可憐。
I like wild roses, too. They are small and sweet

Dsc04320 美しくないものもいます。サンダルは避けたほうがいいかも…
Of course there are ugly creatrues as well.  Oh, I hate snakes.

Dsc04322 園内を走るトラム a street car which runs inside the park.

「バラのベルベデーレ」に到着するまで10分ぐらい歩きました。

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします。

2011年9月30日 (金)

世界一のバラ園 花フェスタ記念公園のバラ⑤ the largest rose garden inthe world

とびとびになってしまった花フェスタ記念公園のバラ園の続きです。

花フェスタ記念公園①          花フェスタ記念公園②

花フェスタ記念公園③          花フェスタ記念公園④

Dsc04264 (2011.5.30 撮影)  フィヨルド
世界一大きい規模のバラ園ですから、行けども行けどもバラは続きます。
As the park is the largest rose garden in the world, we could see more and more roses walkin on.

Dsc04274 こんなにバラをたくさん見たのは初めてです。以前来た時より規模が大きくなっていて歩くのが大変。岐阜県の可児市はあの日本で有数の暑い町の多治見に近いところにあるので、汗をかきながらの散歩でした。
I've never seen such a lot of roses at one time in my life.  The park seems to have expanded since the last time I made a visit. Kani city in Gifu, where this park is located, is next to Tajimi, one of the hottest city in Japan.  As we walked on, we got sweaty

Dsc04270 それでもバラはきれいです。 Though it was so hot and humid there, roses were roses.They were the queens of flowers.

Dsc04279 「ターシャの庭」は野趣に富んでいます。ターシャ・テューダーの絵本と何か関連しているのかもしれませんが、説明は見当たりませんでした。
This area was called the garden of Tasha.  This may be associated with some of picture books of Tasha Tudar, but  I couldn't find description.Dsc04292手入れがよくされています。 The gardens were kept in good conditions.

Dsc04293白ばら。Dsc04300  Dsc04299「しのぶれど」という青いバラ。 Shinoburedo

Dsc04278

Dsc04282

これでやっと2つめのテーマ「世界のバラ園」を見学しおわりました。

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします。