2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

  • 励みになりますので、よろしければクリックして下さい。
  • とてもよかった場合にはこちらもお願いします!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ

04 京都 Kyoto

2012年12月20日 (木)

東福寺 塔頭 天得院 の紅葉

帰りにもう1か所寄っていきました。それが『桔梗の寺』として有名な東福寺の塔頭 天得院です。

Dsc08688(華頭窓から)(2012/11/28 撮影)

感想は「びみょ~」

大徳寺の高桐院や東福寺、光明院を見た後だったので、第一印象は「小さい」「紅葉が少ない」でした。これで500円払うのであれば、光明院の300円のほうがずっとお値打ちです。お庭の風情はあるので、きっとこのお寺は桔梗の咲く時期に行ったほうがいいと思います

Dsc08694すぐ前は東福寺からJRの駅の途中の道なのですが、お庭は静か
Dsc08691目がすっかり肥えた後だったのですが、よく考えれば、豊田市中心部にこういう風情があるのお寺はそう簡単に見つかりません。

Dsc08689お客さんはまばらでしたよ

Dsc08682お抹茶やお食事(要予約)があるみたいなので、そちらのほうがメインなのかもしれませんね

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年12月19日 (水)

2012 京都の秋 大徳寺 興臨院

東福寺の紅葉のほうがきれいなので先にアップしてしまいましたが、その前に、大徳寺の塔頭の1つの興臨院の特別拝観に行きました。

本来なら15分ほどで出る予定だったのですが、ボランティアの女性につかまってしまって、1時間以上もいるはめになりました。

通常なら「おじさんたちに好かれるだんなさん、おばさんたちに好かれる私」とすみわけができているのですが、この日は私はカメラと紅葉に夢中。危険を察知して露骨に避けていたのですが、この辺は何も考えていないだんなさんは見事につかまってしまいました。えらく熱心なおばさんで、つかまった以上は、露骨に嫌そうな顔をすることもできず、写真をゆっくり撮れませんでした。

Dsc08524

(2012/11/28 撮影)

このお寺は室町時代、能登の守護の畠山義総が建立したそうです。そもそもこの「興臨院」は畠山義総の戒名だそうです。

その後、前田家が能登を統治するようになったので、前田家もこのお寺が火災にあった時は援助したそうですよ。畠山氏だけでなく前田家の菩提寺になっているとのことです。

Dsc08513方丈の前庭。1973年に中根金作が作庭したそうです

Dsc08510

Dsc08517_228日は千利休が死んだ日ということであちこちで茶会が開かれていました

Dsc08518方丈の前の扁額 「方丈」と書かれていることが多いが「興臨院」と塔頭の名前が書かれているのは非常に珍しいとのこと。理由は忘れました

Dsc08531
裏庭の紅葉もきれい

Dsc08532茶室 涵虚亭(かんきょてい) 
Dsc08551_5
お寺を出た後、2人とも同時に「はあ~疲れた」と声をだしました。精神的にきつかったです。

だんなさんが興味もないのに、興味あるふりをするものだから、おばさんトーク炸裂でした。おばさんがよそ向いている間に、そっと「あんた、覚えているん?」と聞くと、案の定「いや、まったく。だって、説明が長すぎるし、人の名前は多すぎるし、要領得てへんもん」

実際、その通りで、彼女の行動はやけに覚えているけど、話している内容は印象に全く残っていません。

2人でがんばって、先に行ったり、興味なさそうな顔をしたりしても、おばさんには全く通じませんでした。他に興味のある2人組が、そのおばさんボランティアさんの話を横で聞いていろいろ質問している間に、さっさと2人で抜け出すも、追いかけてきて「こちらの説明がまだです」と言われる始末。

最後はおばさんがさらに別の2人組の相手をしている時にだんなさんはトイレに、私はおばさんが見えないところまで戻って写真を撮りました。

やれやれ、と2人で彼女がいないことを確認して、お庭をもう1度見て、お寺を出ようと靴を履いていると、またそのおばさんがやってきて「まだ、もう少しあるのよ」なんて言うものだからさすがに「すみません、ちょっと急いでいるので」と言って逃げ帰ってきました。

いつも思うんだけど説明が「短いコース、普通コース、マニアックに説明するコース、どれがいいですか?」と聞いてくれるボランティアさんはいないかな~? 観光客にはいろんな人がいて、中には時間がない人もいると思うんですが、どのボランティアさんも、結構長いです。中には素晴らしい人もいるのですが、今回は外れでした。

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年12月14日 (金)

2012年 京都の紅葉 東福寺塔頭 光明院

東福寺の紅葉の後、どっと疲れが出たので、他の所へ行く元気が出ず、光明院に行くことにしました。お庭の説明は今回はパス(以前の記事はこちら

Dsc08678以前行った時は2、3人しか観光客がいなかったのに。今回は人が多かったですね。タクシーのドライバーさんが観光客を案内していたのでついでに便乗させていただいて撮った写真がこれ(いいですよと言ってくださったので)さすがプロですね~

Dsc08664_2

Dsc08674波心庭

Dsc08672
観光客がたくさんいたので斜めから 定番ですね

Dsc08657

人が多かったけど、東福寺よりまし

Dsc08671東福寺の中の喧騒がうそみたいでした

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年12月12日 (水)

今年の紅葉の思い出 東福寺 

11月28日に京都に紅葉狩りをしたことはすでにお話していましたが、まだ写真を全部アップしていませんでした。今日、ちょっと時間ができたので早速その続きをアップします。

東福寺の中に入って紅葉を楽しむのは実は初めて。夫婦別々に行っているのに、2人とも人ごみが好きじゃないので、入る前の橋のところで引き返してしまいました。混雑していたけど、まだましだったので2人で思い切って入ることにしました。

Dsc08586

Dsc08582やっぱり行く価値はあります。押すな押すなの状況でしたが…

Dsc08638落ちている紅葉もなかなかいいですね。人が多いので避けて撮るのは至難の業でした

Dsc08588ご覧ください。あの人ごみ… 警備員のお兄ちゃんが「出口は一つですから、必ず出口で出会えます」とおもしろいアナウンスをしていましたよ

Dsc08564赤いというより黄色い印象でした

Dsc08609
右も左も紅葉maple

Dsc08629
臥雲橋の屋根が見えています

Dsc08646

Dsc08559_3疲れはてました

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年12月 1日 (土)

2012京都の紅葉 @高桐院

2日目はだんなさんのご希望で大徳寺の高桐院の紅葉です。前回 に行った時は冬で、ほとんど人はいませんでした。今回は9時の開館にもかかわらず8時40分についた時は立派そうなカメラを持った人が10人以上もうすでにいましたよ。

Dsc08408(2012/11/28 撮影)

それでも写真を写すことが目的な人ばかりなので、みなさん順番を守って人の邪魔にならない位置に立っている人が圧倒的に多かったです

Dsc08412_2残念ながら紅葉はもうほとんど散っていましたが、苔の上に落ちた色とりどりの落ち葉もまた風情があります

Dsc08436紅葉のじゅうたん!
Dsc08433_2
お約束のシャッターチャンスは一瞬 上下に意識がとられすぎて左右まで気がまわりませんでした。まっすぐ撮るのって案外難しい

Dsc08440お庭の足元もちょっとしたアート

Dsc08442

Dsc08449_2つくばいが、クリスマスリースみたいに見えませんか?

Dsc08454_2灯篭の上にはかわいらしい紅葉がリボンみたいについています

Dsc08469_2
茶室の前の紅葉もいい感じでしたよ

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年11月30日 (金)

2012 京都の紅葉 ライトアップ編 宝厳院@嵯峨

12月のはじめに紅葉を見に行くために実家に帰る予定でしたが、例年より紅葉が早く、慌てて実家へ帰りました。 実家が京都だとありがたいですね~(母親は迷惑でしょうがcoldsweats01)一人っ子なので、甘えさせてもらっています

火曜日はもともと2時10分で終わる早い日。それからすぐに帰ろうと思ったのですが、呼び止められ、職場を出たのは30分すぎ。だんなさんからストーカーメールが届き、大慌てで帰りました。豊田を出たのは3時ぐらい。どうしてこんなに急がせるのだろうと思っていると、なんと紅葉のライトアップを見に行くとのこと。そうなの?!とビックリしてしまいました。

「どこ行くか決めろ」と言われ、スマホで調べて一度も行ったことがない宝厳院(昼間は行ったことがあるけど)へ行くことにしました。

予定よりスムーズな交通で、京都南に近づくにつれ通勤割引が使えるか心配になってきました。高速道路を降りる時時間を見ると16:59という表示

あ~だめか…と思っていると、前の車がETCの中に入った時に17:00になりました。

前の車、すごすぎ。 絶妙な速さで走ってジャストタイミングで出るこのスゴ技。よほど慣れている人だったのでしょうね。前の車のおかげで私たちも30秒ほどすぎたところで無事通勤割引適用されました。しばらくは前の車のすごさに笑いが止まりませんでした。ありがとう。京都駅前のイオンで車を停めてなじみの山陰線に向かい、快速に滑り込みセーフで乗れました。

Dsc08325(2012/11/27 撮影)

10分ほど並んだけど、週末ほどではありませんでした。それでもすごい人ごみ

Dsc08352宝厳院は天龍寺の塔頭です。昼間は天龍寺の境内を突っ切ることができるのですが、夜は遠回りをしないといけません。おかげさまで夜の渡月橋を見ることができましたよ

Dsc08320無理して来た甲斐がありました。紅葉は色褪せ初めて落ちているのも多かったですが、それもまた風情があります

Dsc08296赤い色というより茶色がかった葉が多かったです。ちょっと遅かったかも。でも仕方がありませんね。

Dsc08311おや、月が出ていますよ?
Dsc08306夢のような光景です

Dsc08347_2ちょっとアップにしてみました

Dsc08301たくさんの人見えますか?
Dsc08375まだ青い紅葉もありましたよ

Dsc08393_2有名な参道は、入場してから最後の観光になります

Dsc08395_2いやはやおそれいりました

昼間とは違い幻想的な景色でした。耳にはいろんな音が入ってくるけど、見えるのは静かな風景。人は多いけどゆっくりと観賞できる不思議なお庭でした

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年8月17日 (金)

来迎院 (三千院の近く)

三千院の入口に立っていたお兄ちゃんが他の人に向かって「歩いて5分ぐらいに来迎院があります」と言っているのを信用してもうちょっと頑張って来迎院へ行くことにしました。

Dsc09175
この来迎院は天台宗の開祖の最澄の直弟子である円仁が建てた修練道場です

Dsc09181ほとんど人がいません。音羽の滝まではここからさらに300m階段を上がらないといけないそうで、私たちはギブアップしました

Dsc09177鐘楼

Dsc09174_2こじんまりとした境内でした

Dsc09163_2途中の道で 三千院の朱雀門

が、正直、三千院から5分ということはないと思います。距離的にはそうかもしれませんが、ひたすら坂道を上がるので、8月5日という酷暑の中歩くのはしんどかったです

Dsc09164_2坂道を上がっても…

Dsc09165_2上っても…
Dsc09166
ようやくあと20m…

Dsc09167

え、これから参道!?

Dsc09168
やっと正真正銘の入口!

Dsc09182_2入口を進んで…

Dsc09170また階段… あとひとふんばりっ

という感じなのです。ウォーキングを目的にしている人には最適かもしれませんね


↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年8月16日 (木)

三千院②

Dsc09157昨日の三千院の続きです(写真は本堂にあたる往生極楽院阿弥陀堂)私が行った時は御法話が行われていて、笑いの渦でした。聚碧園にいた時でさえ聞こえてきたほど。

んなに暑いのに、三千院には観光客がたくさんいました。夏でこれなんだから、秋はきっとおそろしいことになりそうですね

Dsc09119

Dsc09132わらべ地蔵のところまでやってきました。え?わらべ地蔵見えない?たくさんいますよ~

Dsc09133_2ほらっ
Dsc09134
ここにもっ かわいいですね 首を傾げる様子が、「もののけ姫」に出てくる「こだま」にどことなく似ていませんか?

本堂の前はちょっとした回遊式庭園になっていました

Dsc09126_2ここからは見えませんが、滝とは呼べないほどの小さな滝(細波の滝)もあります

Dsc09141京の七福神 妙音福寿大弁財天

Dsc09144
金色不動堂

Dsc09150観音堂と茶所(右) 百日紅(?)が咲いていました

Dsc09151帰りは下りだから楽
Dsc09152紅葉の時期にぜひ来てみたいものです

Dsc09155_2大原の大仏(鎌倉時代)

ちょっと遠いけど、三千院はおすすめです。冬に行った職場の人が、「つるっつるっで怖かったわ」と言っていたので、冬は行かないほうがいいかもしれませんね

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年8月15日 (水)

夏の三千院①

京都から豊田に帰る途中(?)、大原の三千院に寄りました。三千院は大学時代の春のキャンプ以来。京都駅集合のため、えらく時間がかかった覚えがありますが、亀岡からだと渋滞に巻き込まれても1時間ぐらいで三千院に到着しました。遠いと覚悟していたので、拍子抜けしました。

Dsc09161三千院の入口

三千院の起源は天台宗の開祖、最澄が8世紀に建てた比叡山延暦寺の円融房だそうです。度重なる移転ののち、現在の地に移ったのは明治時代に入ってからのことだそうです

Dsc09102

聚碧園(しゅうへきえん)客殿を介してはじめに広がる庭園 江戸時代に茶人金森宗和が手を加えたという

Dsc09111仁和寺のように、皇族が住職を務めたそうですよ

Dsc09112宸殿からの眺め

Dsc09120宸殿

大原まで車で行ったのですが、面倒くさがりなだんなさんは一番ふもとの駐車場(300円)に車を停めたため、延々と暑い中坂道を上るはめになりました。

Dsc09088
駐車場からしばらく歩くと、ようやく標識が見えました

Dsc09092さらに上ること10分 ようやく到着しました。一番上の入口に行くまでにはさらに5分ほど歩く必要があります

Dsc09090途中の道で…涼しげですが、暑かったです

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします

2012年8月14日 (火)

大徳寺 瑞峯院

金閣寺へ行った後、大徳寺へ行く予定でしたが、すでに4時。私たち2人なら間に合うのですが、K君たちはのんびり観光したそう。意向を聞いてみると、ホテルへ帰るというので、近くにイオンがあることを教え、そこでスーパーでも見学したらと提案しておきました。彼らを京都駅へ行くバスへ乗せ、任務終了っとその瞬間にだんなさんが豹変

「おい、走れ!」
「え?」 
前日に手術した私は帰る気満々でしたが、だんなさんは違ったよう。
「大徳寺、行くぞ!」

え~!!!不満を言う私に耳を傾けず、バス停へ走り出します。金閣寺の最後のほうは不機嫌だったのは、暑かっただけでなく、大徳寺へ行けなくなる可能性があったからのようです。ひいひい言いながら追いついていきます。

「1か所入るならどこがいい!」

今までと声音まで違います。少し考えて、瑞峯院と答えました。大仙院もいいけど、小さな箱庭がいくつもある感じだし、高桐院は紅葉の季節にとっておきたい。龍源院か瑞峯院で迷ったけど、モダンな感じがする瑞峯院 を進めました 。それぞれの塔頭の詳しい説明はクリックしてくださいね

Dsc09084(独坐庭)

大徳寺はかなり好きです。空いているし、歴史オンチの私でさえ、知っている名前が出てきます。細川ガラシャ、織田信長、石田光成のお墓があり、、芳春院 (利家とまつの「まつ」のこと)が建てたお寺もあります。一休さんが再興したお寺としても有名ですね、。千利休のお墓もあったと思います。(高校の茶道の授業で連れていかれたのです。今考えたら、そのお寺での授業はまさに「馬の耳に念仏」でした。もったいないことをしたな~)

Dsc09086

閑眠庭(十字架の庭) やっぱりどこが十字架なのかが分からないcoldsweats02

祖父の家のすぐ近くなのでだんなさんは来たことがあると思い込んでいましたが、初めてとのこと。お庭を堪能した後はあちこちで塔頭の説明を読んでは感動していました。

個人的には龍安寺の石庭より、こちらのほうが空いているし、いろいろな表情のお庭が見れるので私は好きです。 でも世界遺産じゃない(京都五山でもない!)から外国人には興味がなかったよう。ここでお抹茶するといい経験になったのにな~と残念に、思いました。

同行した女の子にも最初に観光予定を説明し、頭下げて、急ぐように協力してくれるように頼んだのですが、全く協力してもらえませんでした。(むしろ、一番遅かった!)ちょっと恨んでいます。やっぱり一番好きなところを案内したかったな~ 

「俺を案内できてよかっただろう」

それはそうだけど… でも、だんなさんとはこれからも来ることができるし、やっぱりK君のご両親にも、京都らしい京都を見てほしかったと思います。

人のフリ見て、わが身を直そう。反対の立場になったらできるだけ協力しようと思いました。

話は変わります。

月曜日は、だんなさんの免許更新と国際免許取得へ愛知県平針の運転試験場に行ってきました。朝8時に家を出たけれど、8時45分時点ですでに運転試験場の前で渋滞。後で聞くと、いつもは1000人ぐらいしか来ないのですが、お盆時期は3000人来るそうです。平針の試験場はちょっと不便なので、たいてい車で来るから大変なことになっていました。

だんなさんの1時間講習でした。(北海道の山道でレンタカー旅行した時、40キロ地点のところで53キロで運転していたのです。前の車に合わせて運転したのに、なぜか前の車は捕まらず、私たちだけつかまりました。わざわざ、短い40キロ区間で、取り締まりをするなんて悪意を感じました)

講習を待っている間もどんどん人がやってきます。だんなさんが出てきた10時50分ぐらいには違反運転者(2時間コース)の3回目が開かれようとしていました。

私はその間ロンドンの閉会式を見ながら待っていました。いや~限定復活したSpice Girls 完全におばさんですね~。考えたらベッカム夫人は学年は違えど、同じ年。自分がおばさんなんだから、彼女たちがおばさんでもおかしくありません。しかし同じ年であの恰好はよくやります。さすが元アイドル!

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   ←余裕がある方はこちらもお願いします

より以前の記事一覧