2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

  • 励みになりますので、よろしければクリックして下さい。
  • とてもよかった場合にはこちらもお願いします!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

夕焼けの富士山

どことなくじめ~としていて梅雨の気配を今日も感じます。「ふとんにキノコが生えた」など恐ろしいうわさが聞こえるわが社宅。今年は除湿器2台体制でいきたいと思います。電気も40アンペアにあげてフル稼働準備終了。

今回は御殿場方面での富士山です。裾野の夕焼けの富士山は美しくなかったのですが、御殿場方面に車を走らせると、太陽の位置が富士山に近づくことが判明。晴れの日に買い物ついでに立ち寄りました。

Dsc09992午後6時40分ごろ撮影 車で5分 最寄りのスーパーの1つの近くで撮影

Dsc09994寄り道して、アウトレットへ行く途中(アウトレットには行かなかったけど)の道で撮影

Dsc09996同じところで今度は夕焼けモードで撮影。 確かに赤色が協調されるけど、あまり好きじゃないかも…

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします

2013年5月18日 (土)

朝の富士山

眠い眠い目をこすり、朝5時に起きて写真を撮りました。まだ完ぺきにねぼけているので、写真もいい加減 これじゃあ何のために早く起きたのか分かりませんね。冬の日の出が遅くなったら再チャレンジしたいと思います。

Dsc09799雨が降り、雪が再び積もったかのように思えたのも1日だけ、次の日には雪は溶けて元通りの位置に落ち着いていました。

金曜日の裾野はいつもと違いました。飛行機が低空で飛んでいて騒音がひどかったです。たぶん、自衛隊の演習だと思っていましたが、なんと、パラシュート部隊の訓練だったようです。夜の8時ぐらいまで続いていましたよ。まだ1日だけだから問題ありませんが、沖縄ではこれがほぼ毎日続いているのかと思うと嫌だろうなあと思います。(沖縄に行った時、もっとハイテクの飛行機がキーンという甲高い音をうならせながらひっきりなしに飛んでいたのを思い出しました。)

今日の英語の授業で印象に残ったのはサイロという言葉です。「縦割り行政」と言われ思いついたのはvertical administrative structure でしたが、別の方がsilo (サイロ)と訳されました。

「サイロって北海道で見る小麦の貯蔵庫?」

と思わず思ってしまったのですが、先生はうなずくだけ。帰って調べてみると、確かに語源は貯蔵庫のサイロですが、あの細長い貯蔵庫の形から連想して、縦割りの組織のことも指すみたいですね。

ソニーの初の外国人CEOのストリンガー氏も「divisional silo」 「You have to break down the silo walls that helped iTunes clean our clock」と縦割り組織をサイロになぞらえたようで、よくある表現みたいです。ちなみにclean one's clock は「完全に打ちのめす」という意味。他にも日本語で「行政システムがサイロ型である」「行政がサイロ化する」などと使うよう。よく覚えておこうと思いました。

他にもsilo にはミサイル格納庫の意味もあるそうです。今日の英語も沈没状態でした。ただでさえ、落ちこぼれなんですが、やっぱり東京のことや霞が関のことを知らないとますます不利ですね~ 話者の日本語がぴんと来ないもん。関東圏に来たからもっと関東圏のことに興味を持つことにします

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします

2013年5月 9日 (木)

夕焼けの富士山

毎日の新聞に新茶の広告が入るようになりました。せっかくだから家族に贈ろうと、近所のJAの直売所に行ったところ「ここではできません、支所まで行ってください」と言われあっさりあきらめました。実はこの直売所の近くを2時ぐらいに通ることが多いのですが、いつも閉店後です。商売っ気のない直売所なことだ。

Dsc09386
今日はアップしそびれた 菜の花と夕日に浮かぶ富士山の写真です。裾野からは夕日より朝日のほうが映えるみたいですね~

今、GOOD WIFEという 海外ドラマを見ています。検事の夫が汚職疑惑浮気で失脚し服役したことがきっかけで、再び法廷の場に立つことになった主婦の話で、「法律ドラマ」というほど、難しい英語ではなく、深刻さもないので何かしながら見ることができます。 難しい英語ではないんですが、口語英語が苦手な私は独特の表現に戸惑うこともあります。

たとえば、bottom of the totem poleという表現 

「トーテムポール?」

そう、あの北米の先住民の柱状の木の彫刻のことです。バンクーバーでみたトーテムポールを思い出し、なるほどなと思いました。

組織内で地位が一番低いこと」 bottom of ~の代わりに low on ~を使えば、「地位が低い」と使うようですね。翌日、図書館でEJを見ているとその表現が載っていてびっくりしました。どうやら日常的に使う表現らしいです

smoking gun という表現も何度も出てきたのでいい加減覚えてしまいました。 「煙が出ている銃」= 「決定的な証拠」という意味だそうです。

銃といえば銃購入者の犯罪歴を義務付ける法案が先月否決されましたね。日本なら問題なく可決しそうな法案だけど、さすがアメリカ。NRAの力は恐ろしい。

コネチカット州の銃乱射事件の後、この協会の会長は、The only thing that stops a bad guy with a gun is a good guy with a gun(銃を持った悪者を阻止できるのは銃を持った善人だ)と訴え、すべての学校に銃をもった警備員を配置するべきだと主張しました。

このロジックにはあきれるというよりびっくりして笑ってしまいました。「やられたらやり返す」「やられる前にやってしまえ」というこの発想。しかも表現があまりにも直接的というのか、俺様的というのか…。被害者の気持ちにも配慮して、主観的ではなく、もっと間接的な表現を使ってほしかったです。いくらお金を持っていて、議会に影響力を持っていても、全く尊敬できません。

ちなみにこの法案が問題になっている時に頻繁に使われていたbackground checkは「犯罪歴調査」と訳されていましたね。英語から日本語に訳すより、日本語から英語に訳す時に出なさそう~と思ってしまいました。

はっきり言ってこんなことが分かっても通訳の授業では全く役に立たないのは明白ですが、やっぱり私は楽しみながら勉強したいです。経済も政治も大切だろうけど、文化を垣間見ることができる表現は結構好きです。怒られても無視されても気にしないでマイペースでいこうっと。

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします

2013年5月 4日 (土)

富士山&芝桜

本当にお久しぶりです。ゴールデンウィークももう終わりに近づいてきました。家の外の電光掲示板には毎日夕方になると御殿場ー大井松田、秦野中井ー横浜町田の渋滞が25キロであるという情報が目に飛び込んできます。ゴールデンウィークはどこも朝早くから営業しているみたいで、サファリパークも朝6時には開園しているみたいなので、そっちの方向へは行かないように心がけています。

さて、今日は山梨県の富士山と芝桜の写真です。だんなさんの号令で、朝4時に起きて、何も食べないで眠い中、5時前に出発。内心、「こんな朝っぱらから来る人はそういないだろう」と思っていたのですが、まさかのまさか。開園6時に着いた時には入口付近は渋滞していましたsweat01 とはいっても東京方面から来る人とは違う道だったので、ほとんど渋滞にははまることなく6時20分には中に入れました。8時前に帰途につきましたが、その時は数キロにわたる渋滞が続いていたので、仰天しました。さらに寄り道をして9時ごろ、西富士道路を通った時、富士宮方面はすごく渋滞していました。

Dsc09822首都圏最大級の富士芝桜まつりということでご存じの方も多いのではないでしょうか

Dsc09804_280万株ぐらいある芝桜は見事 展望台に行列ができる前にさっさと上ってみました

Dsc09800色が少しおかしくないですか?この写真は6時30分ごろに撮ったのですが、実はこれ、霜がおりているんです。東北より寒くないだろうと思っていたのですが、気温は2℃。私はもともと寒がりなんで着込んでいましたが、だんなさんは普通の半袖シャツとポロシャツ1枚。暑がりの彼もさすがに震えていました。

展望台から見まわしてみると、人だかりが見えます。人がいるところ=写真スポットにちがいないとそちらに向かいます

Dsc09817あ、なるほど。本栖湖と富士山と芝桜のセットで写真が撮れるのですね。三脚を持った方たたくさんいらっしゃいました。その中でもびっくりしたのが、三脚の上に一脚がついたようなひときわ高い三脚の上にカメラを取り付け、脚立の上にのぼって覗いていたおじさん。群衆の中で、とびぬけて高い位置で撮っていました

Dsc09825日がのぼるにつれて霜がとけ、色鮮やかな芝桜が姿を現します

Dsc09831_2「湖に富士山が映る」と言うけど、私の背ではとても見えません
Dsc09848そこで、だんなさんの登場 180cmの背と比例して長い腕をいかして撮ってもらいましたが、全体は映ってませんね~ 裾野が少し見えるぐらい?

Dsc09859辛抱強くない私たちは次の地点に向かいます   ここの芝桜は伝説にちなんで龍神をイメージしたデザインになっているそうです。もう展望台をのぼった後だったので、どこがどう竜神なのか確認しようがなかったです。
Dsc09867あ、湖に山麓と芝桜がきれいに映っています!

Dsc09906_2雪みたいな芝桜

Dsc09929あ、かわいいと思った芝桜「多摩の流れ」 ストライプ模様がなんとも愛らしい

Dsc09920人がなるべく入らないように地面に近づけて撮ってみました

Dsc09907_2展望台 8時前には入場制限をしていました。信じられない

Dsc09937余談ですが、桜もばっちり咲いていました。この後、おなかが空いたのでコンビニで肉まんを買って食べました

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »