2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

  • 励みになりますので、よろしければクリックして下さい。
  • とてもよかった場合にはこちらもお願いします!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ

« カナダ東部旅行② 2日目 Niagara Falls | トップページ | カナダ東部旅行④ 3日目 プリンスエドワード島  »

2014年5月18日 (日)

カナダ旅行③ プリンスエドワード島へ

Dsc00506 (プリンスエドワート島国立公園内)

だんなさんが行きたくないと主張し、私が絶対行きたいと言って勝ち取った場所がこのプリンスエドワード島。そう、現在NHKの朝ドラのヒロイン村岡花子という翻訳者の代表作「赤毛のアン」が舞台になったところ。「地球の歩き方」のカナダ東部編もブームにあやかろうと2014年版はプリンスエドワード島をかなりクローズアップしていました(笑)

ミーハー?その要素は否定しませんが、実は卒論が児童文学の翻訳ゼミでその時に村岡花子さんの「赤毛のアン」をとりあげたのです。今はもう売っていないオリジナル版なので結構間違いが多かったのですが、インターネット、洋書の数が圧倒的に少ない時代に訳されたことを考えればすごい語学力だと思います。聖書の知識は特にずばぬけている。今の朝ドラを見て理由が分かりました。ミッション系の学校に行っていたことは知っていたのですが、あれほどの英語漬けだとは思わなかったです。

さて、イントロはこれぐらいにして早速旅行記へ。

5月2日、朝10時トロント発の飛行機でプリンスエドワード島(以後PEI)へ向かいます。機体はなんとプロペラ機 久しぶりだ~ 低いところを飛ぶせいか、地上が見えるのが特権。揺れるのが欠点のプロペラ機。いいのか悪いのか。 そうこう言っている間に13時定刻通りに到着しました。時差は1時間。

1日に数便しか運行しない空港なので非常に小さい。私がトイレに行っている間に、だんなさんはスーツケースを回収したにおばさんがお客さんに配っていたお菓子までペロリ(歓迎のために配っていたらしい Welcome なんとかと言っていましたが、私は見ていないので不明。「俺、食べたよ おいしかったよ」と言っていましたのでぜひ機会があればトライしてみてください。

さてここで懸念事項が… PEIは一般交通が全くと言っていいぐらいありません。観光するなら、ツアーに参加するかレンタカーを借りるかしかありません。節約のために私たちはもちろんレンタカーを借りることにしたのですが、手続きをするAVISのカウンターが見つかるかどうかという問題がありました。

が… 懸念することは全くなし。荷物が出てくるターンテーブルの向かい側ですぐ見つかりました。他にカウンターがないからすごく目立つ。PEIのレンタカー会社は2社ですが、カウンターのお兄ちゃんは1人でした。貸出手続きも今までで一番簡単。事前の傷のチェックも全くなく鍵を渡されただけでした。あまりのあっけなさに夫婦ともども茫然…

借りる車の車種を聞くとヒュンダイだとのこと。ナンバープレートか駐車場の番号を聞けとだんなさんに言われて聞いたとことろ「UNLOCK KEY を押してピコンピコンとなった車、そうやって見つけるのが一番簡単だ」と言われました。確かにそうだ… 私は結構このアバウトさが好きです。

外へ出て右に曲がるとレンタカーの駐車場でした。全体的にレンタカーの数が少ないので該当の車はすぐに分かりました。 スーツケースを乗せて出発です

まずは走ってみて感動したのが道がまっすぐなところ。アップダウンが結構あり、上るときは上った先には何があるのか楽しみで、下るときは風景を楽しめます。特に海が見えた時は最高です

言うのを忘れましたが、5月上旬のPEIは完全にオフシーズン。開いている店、ホテル、施設はかなり限られていますので、赤毛のアンのヘビーなファンの方は6月からのオンシーズンがおすすめです。混雑するPEIに行くよりかは混雑しないPEIで「赤毛のアン」の風景を目にするほうがいいという方はこの時期はおすすめです。

天気予報があまりよくなかったため計画を前倒しして晴れている間にできるだけよくばろうとこの日はへとへとになるまでがんばりました。

Dsc00490 Dsc03095

まずはプリンスエドワード島国立公園の海岸線沿いの灯台コーブヘッド(Covehead)

 Dsc00491 結構波は荒い

Dsc00496 お次はイギリスのウイリアム王子夫妻も滞在したというテューダー朝建築の高級ホテル ダルベイ・バイ・ザ・シー Dalvay by the Sea どうやら夏の間だけオープンするようですね。人がいないと建物も死んだよう。

Dsc00493 ここは「赤毛のアン」の映画のロケ地でもあります。
アンが詩の朗読をしてアンコールを受けたWhite Sandsとして登場したよう(ホテルのHPより)

Dsc00497 ホテルの前は優雅な湖 (とはいえすぐそばは海岸なのですが)本によればグースがいるらしいのですが、私が行った時はいませんでした

Dsc00498 そしてDalvay by the Seaのすぐ近くの海岸線 あまりの美しさに息をのみました。一番上の写真もここで撮ったもの

Dsc00515 サーファーが一人沖へ向かっていきます

Dsc00521 Dsc00520 海岸線 赤土の砂浜が珍しい~

さらに1日目の旅程は続きますが今日はこれぐらいにします

(おまけ 車窓 走りながら撮っているのであまりきれいではありませんが雰囲気だけでも伝わったらいいな~)

Dsc00468

Dsc00472

プリンスエドワード島国立公園内 (車窓) この時期はオフシーズンなので無料

Dsc00470_2 (カナダの車はなぜか明るいうちからライトをつけて走っています)

Dsc00531

↓はげみになりますので、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←余裕がある方はこちらもお願いします。

« カナダ東部旅行② 2日目 Niagara Falls | トップページ | カナダ東部旅行④ 3日目 プリンスエドワード島  »

01 海外旅行 overseas trips」カテゴリの記事

02 カナダ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1389207/56197072

この記事へのトラックバック一覧です: カナダ旅行③ プリンスエドワード島へ:

« カナダ東部旅行② 2日目 Niagara Falls | トップページ | カナダ東部旅行④ 3日目 プリンスエドワード島  »